歯科医師の高谷です。

鶴見大学の歯学部の学生時代についてお話します。

まず・・・・・歯学部は、医学部同様6年制です。 

 

1年生は一般教養、2年から専門科目が始まります。

2年生のメインは解剖や生理・生化学など正常な人体を勉強し、

3年生からは、いよいよ歯科についての専門分野を

勉強していきます。

 

5年生では、臨床実習と呼ばれる患者さんを相手にした実習を行い、

6年生は、国家試験に向けて 総まとめを行います。

 

 

 

一般の大学では120~130単位で卒業でき、

選択科目も多いわけですが、

医療系の大学では、200以上の単位取得が必要で、

1年生の時から、朝9時から4時くらいまでは 

最低でもフルに授業が詰まっていて、高校生の延長みたいな感じなんです。

 

 

学年が上がるにつれて、夏休みや冬休みもなくなり、

5年生には社会人として扱われた覚えがあります。

 

 

もちろん大学生ですから、放課後は青春をしたりもしましたが 

基本的には勉強の毎日・・・。 

 

 

気づけば、みんな 患者さんの事を 第一に考える医療人に成長してるといった感じですね。

 

 

歯科大学は、残念ながら、医科に対して 安易と思われる部分がありますが、

6年間は非常に厳しく、国から 最後は試験されるわけで、

非常に努力しないと、合格は出来ないと思います。

 

 

歯科医師過剰の時代に入り、現在の国家試験の合格率は60%くらいです。

毎年多くの浪人生が生まれていることに加え、合格率は 年々低くなっていて、

歯科は非常に厳しい時代に入ったと思われます。

 

 

・・・・といった感じで、ここ最近の合格者達は なかなか厳しい国の試験をPASSしているため、

私は、個人的に、大きな努力が出来る歯科医師たちが生まれ、育っているのでは思い、

最近は 暗いニュースしかない歯科界ですが、

素晴らしいニュースをもたらしてくれる日も 近いのではないかと期待するばかりです!