心臓などに疾患がある患者さまには

抗菌薬の予防投与を考慮すべき歯科治療があります。

その歯科治療は以下のものです。

 

 

 

抜歯 ・ 歯根外科手術 ・ 歯石除去 ・ インプラント植立

歯牙再植 ・ 歯根端切除術 ・ 根尖孔外の歯内治療

骨膜下局所麻酔手術といった硬組織・軟組織から出血をきたす処置

 

 

その抗菌薬の予防投与の方法は、

経口が可能な場合は、錠剤などのお薬を

1~2時間前に飲んできて頂きます。

経口が不可能な場合は、1時間ほど前の点滴での投与になります。

 

 

心臓に疾患がある方、又は、病歴がある方に 

抗菌薬を事前投与せずに抜歯したなど場合、どんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

 

・・・と、その前に 心臓の機能について簡単にお話しましょう。

 

血液は、全身の臓器に酸素や栄養分を与えて右心房に戻ってきます。 

この血液は「三尖弁」という「弁」を通って右心室に入ってきます。 

それから 肺動脈弁を通って、肺動脈へ・・・ 

 

そして肺に送り込まれ、肺で酸素を取り込んで二酸化炭素を出し、

綺麗な血となります。(動脈血) 

 

この後、肺静脈を通って左心房に入り、左心室に行きます。

 

左心室は、全身に行く血液を送り出す最も重要なポンプの役割を持っていて 

左心室が収縮して、全身へ綺麗な動脈血が送り出され、

脳や内臓、全身の筋肉、臓器に酸素と栄養分を与え、また右心房に戻ってきます。

 

この繰り返しになります。

 

 

さて・・・・抜歯をした場合ですが、 

抜歯をした所は、歯を抜くわけですから

「穴」ができます。

その抜いた部分の「穴」には、

血液の塊(カサブタのようなもの=血餅)ができます。

 

 

1週間ほどすると、薄皮が1枚できてきて、

個人差はありますが、3~6ヶ月ほどして固まってくることによって穴がふさがります。

 

血の塊(血餅)は、細菌にとっては非常に過ごしやすく、集まってきます。

そのため、抜歯後1週間以内の頃は、口内には たくさん 細菌がいます。

 

その細菌の塊が流れて、心臓の弁に付着すると、弁の構造が破壊されて

「心内膜炎」(Endocarditis を引き起こします。

 

 このように、心内膜炎は、心内膜に炎症をきたす病気で

一般的には、「細菌性(感染性)心内膜炎」のことを言います。

 

 

感染性心内膜炎 

( IE : Infectious Endocarditis) 

 

 

 

 

本来、心内膜というものは、ツルッとしていますが、心臓内の異常な血液の流れで

「弁」に目に見えないくらいの小さな傷ができる場合があります。

 口の中の血管も全身につながっているので

抜歯などして付着した菌が血液に乗って 「目に見えない小さな傷」に付着し、

そのバイ菌が集まって、「疣腫(ゆうしゅ) vegetation」(=いぼ状の感染巣) となり

「弁」が破壊されていきます。

 

すると、穴が空いた状態になってしまい、逆流を防ぐことができないので

血液が常に逆流するような状態が生まれるということになります。

 

 

更に、感染性心内膜炎には、2種類あります。

 

 

突然 発症して、数日中に危険な状態になるものが 

「急性感染性心内膜炎」 

と呼ばれるものです。

 

 

 

38~40度の高い熱が ドーーーン と出ます。

 

脈拍が速くなる、高熱による疲労感などの症状が確認でき、

高齢の方に多く見られます。

 

原因は、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌などです。

 

 

 

 

もう1つは 

「亜急性感染性心内膜炎」 

と呼ばれるものです。

 

 

 

症状は、疲労感、37.2~38.3度の軽度の発熱、中等度の頻脈、体重減少、

発汗、赤血球数の減少(貧血)などで、

こちらは、先ほどの「急性感染性心内膜炎」とは異なり、

基礎心疾患(生まれつきの疾患)のある若年者に多く見られます。

 

若く、体の抵抗力もあるので、体が菌に対して抵抗力を示すことによって

高齢者の方が多くかかる急性感染性心内膜炎に比べれば

症状は軽いものとなります。

 

原因となる菌は、緑色連鎖球菌、腸球菌(泌尿器系・生殖器系の処理後に多い)です。

 

 

これ等の病気と風邪との症状の見分けをお話します。

 

寒気、関節痛、顔が青白くなる、痛みを伴う皮下結節、錯乱、

皮膚や白眼に現れる そばかすのような小さな赤い斑点が出てきたり

爪の下に細い赤い線(線状出血)が現れたりするのが、特徴です。

 

 

治療方法は、2週間~6週間の 点滴による 高用量の 抗生物質投与となります。

 

***********************************************

 

 

※ 抗生物質とは?

体の中にいる細菌を倒してくれるお薬です。

菌の種類によって、お薬を選択し、処方します。

 

・ペニシリン系

・セフェム系1~4世代

・マクロライド系(アレルギーのある方など)

・アミノグリコシド系(結核の場合など)

・テトラサイクリン系

・キノロン系

・ペネム系(あまり使用しません)

 

 

*************************************************

 

では、心臓弁が人工弁の場合は、どのような治療方法になるのでしょうか?

 

こちらの場合は、抗生物質だけでは直りにくく、心臓手術で障害された心臓弁を

修復、あるいは 置換し、いぼ状の塊を除去します。

 

 

 

これ等の 「感染性心内膜炎」 を風邪だと思い込むなどして

治療しなかった場合、ほとんど致死的となってしまいます。

(※ 治療した場合は、ほとんどの患者さまが快復)

   

 

歯科医師や医師から指示があった場合は、その指示を必ず守ることで

ご自身の健康が守られます。

 

最近、高齢者社会になってきて、お薬を飲んでいたり

ご自分でも分からないような内容でも 

様々な検査を進められてしまっているような時代だと思います。

 

可能であれば、血液検査の結果ですとか、

現在 服用しているお薬の手帳(「お薬手帳」)ですとか

常に携帯していただけると良いかなと思います。

 

他の、糖尿病や喘息などの病気も 事前に注意しなければならない

項目が多々ありますので、どんなに小さなことでも

歯科医、又は、歯科衛生士、歯科医院のスタッフにお話してくださいますよう

お願いいたします。