皆さんは、秋刀魚料理というと、

どのようものを召し上がっていらしゃいますか?

我が家では、専ら 普通に網で焼いて、大根おろしをかけて・・・

というものです。

 

子どもたちの「魚の食べ方の練習材料」として

食卓に出しています。

 

・・・が、こんな食べ方もあります。 (↑写真 上)

 

秋刀魚も、アジやイワシと同じように・・とまではいきませんが

切り目を入れてしまえば、包丁を使わなくても手で開くことができます。

 

これとゴボウを唐揚げして、サッパリと サラダにしてしまいましょう。

 

小さなお子さんには、そのまま唐揚げでも良いかもしれませんね♪

 

噛み応えも、味も、人気も、抜群です!^^

 

 

材料 4人分

 

秋刀魚・・・・・4尾

ゴボウ・・・・・・2本

レタス(一口大)・キュウリ(千切り)・大根(千切り)・葉ねぎ

トマト(一口大)・もやし(サッと湯通しして水気を切る)。。。。など

柚子ポン・・・・・適宜

※ 普通のポン酢や中華ドレッシング・和風ドレッシング

   青じそドレッシング等でも可)塩・・・・・少々

胡椒・・・・・少々

揚げ油・・・・・適宜

 

  1. まず、頭を落とします。その後、②の部分に切り目を入れて、内臓を取り出します。
  2. 骨と魚肉の境目に両手の親指を入れて、少しずつ開いていきます。
  3. 開いた際、外側(両側)にある大きな骨の部分は、包丁を斜めに当てるようにして
    取り除きます。

 

 

  1. 4.幅3cmほどに切って、
  2.  キッチンペーパーなどで水気を取り、
     塩コショウをし、片栗粉をまぶして、
  3.  中温の油で揚げて油を切っておきます。

5.ゴボウは、洗って、

 包丁の背で泥の部分をこそぎ取り、

 3cmの長さに切り、片栗粉をまぶして、

 揚げて、油を切っておきます。

 

 

6.レタスは1枚1枚丁寧に

 洗うなどして、

 水気を切って拭き取り、

 それぞれ食べやすい大きさや

 形に切っておきます。

 

 

 

7.大き目のボウルに 4・5・6を入れて、手でザックリ混ぜ合わせ、
  柚子ポンを加え、サッと混ぜ合わせて出来上がりです。