昔からの食べ物で、

顎を鍛えることができる食べ物の代表とも言われているものの1つに

「干し芋」 があります。

 

噛めば噛むほど甘くなって、とても美味しいですよね。

 

お子さんだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんにも

とても喜ばれます。

 

日にちはかかりますが、自分でも簡単に作ることができますので

ぜひ、お試しになってくださいね。

 

1.さつま芋を蒸し器で30~45分ほど蒸して、軟らかくします。

 

2.包丁で皮を剥き、厚さ5mm~7cmのお好みの大きさに切って、

  間を空けて網に乗せる。

 

3.日中は、風通しの良い外で天日干しをし、夜は家の中に置く。

  これを5~7日間、行う。 (※天候によります。)

 

翌日(2日目)の干し芋。。。。。

4日目の干し芋。。。。

これが5日目の干し芋です。

そろそろ食べてもいいかな~?という感じになりました。

「いや、まだまだ!!」

・・と、いう方は、あと2~3日待ちましょう♪^^;

 

 良い感じに出来上がったら、袋に入れて冷蔵庫で保存します。

そのままでも美味しいですが、炙って食べると ととても美味しいですね。^^