IPS細胞 【Induced Pluripotent Stem cells】 を日本語でいうと、

「人工(誘導)多能性幹細胞」といいます。

 

骨髄の中にある色々な細胞に分化できる能力を持っている親のような細胞です。

何にでもなることができるらしいです。

心臓の細胞にもなることができるらしいので、もし心筋梗塞などで

壊死してしまったようなところに骨髄の細胞を培養して、

心臓の細胞になるように増やしてあげて、そこに移植することもできるようになるのでは?

・・・と、いわれています。

 

 

歯も作ることができます。

できますが、それを口の中に入れて、果たして伸びるかどうか、まだよく分かっていません。

親知らずのように、横を向いて生えてくるとか、そういうことになったら

全く意味がないですしね。^^;

 

 

そういう細胞を取ってくるのは、現在 脊髄が1番多いです。

 

麻酔はしますが、脊髄の中に ブスッ と針を入れて チュ~ と

引っ張って持ってくるので、ものすごく痛いらしいです。

 

 

そういうものではなく・・・

幹細胞と同じ細胞が歯の中にもあるのです。

幹細胞「カンサイボウ」:

複数系統の細胞に分化できる多分化能力と、

細胞分裂をしても多分化能を維持できる自己複製能力、両方を持つ細胞

 

 

最も分化能力が高いものが、 乳歯 です。

 乳歯というものは凄いエネルギーを持っています。

 

例えば、もし、おじいちゃんが歯がなくなってしまったという時など・・・。

お孫さんの神経をちょっともらって、抜歯した時にその神経の細胞を冷凍保存しておきます。

将来的に、家族の誰かの歯がなくなってしまった時に、その細胞から歯を作ってあげて

中に入れてあげると、もしかしたら歯ができるかもしれない。

・・・と、いうようなプロジェクトが、既にアチコチの大学病院や大きな病院などで行われています。