『メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)』とも呼ばれます。

金属の骨格の上に、セラミックを焼き付けたもので、
ハイブリッドセラミックスよりも
色調と強度に優れ、変色や磨耗もありません。

骨格部分の金属に貴金属を使用すると、金属アレルギーや、金属が溶け出して歯茎が変色してしまう可能性も低くなります。

銀やニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い金属を使用する場合には、逆のことが言えます。

骨格が金属でできており、しっかりしているので、ほとんどの部分に使用できるメリットがあります。

色調はオールセラミッククラウンに劣ります。
裏側からは金属が見え、 歯茎が下がると、歯と歯茎の境目が見えてくる場合があります。

※保険外(自費)治療です。¥80000~150000