無髄歯(神経がない歯)のホワイトニング

ホワイトニング方法は、まず、有髄歯と無髄歯によって変わります。

 

有髄歯というのは、神経が生きている歯のことで、
無髄歯というのは、歯の神経である歯髄を取ってしまった(=抜髄)歯のことです。

 

無髄歯が変色してしまった場合

無髄歯(神経がない。もしくは死んでしまった歯)では有髄歯のホワイトニング方法では
あまり効果が見られないので、歯の裏に穴を開け、
髄腔内(歯の中)に歯を白くする30~35%過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混和したものを入れて
歯の内部から歯を白くします。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【無髄歯のホワイトニング方法】

 

① 「松風ハイライト」

1.X線検査をし、根管治療の確認をする

2.髄腔開拡を行い、髄角部に残っているものを完全に除去する

3.根充剤の除去もする

4.根充剤を除去した部分にセメントなどのベース剤を歯肉縁の高さまで入れる

5.ホワイトニングを行う部分の清掃

6.歯肉の保護をする

7.ホワイトニング剤を塗布する

8.酸化促進させる

9.ホワイトニング剤を拭き取り、水洗いする

10.研磨

11.10日以上経過した後、再充填

 

② ウォーキングブリーチ

※ ウォーキングブリーチとは?

歯の神経を取って治療をした後に、黒く変色してしまうことがあり、それを元の色に戻すため

歯の中に歯を白くする薬剤を入れます。

 

1~4は、松風ハイライトと同様

5.30~35%過酸化水素とホウ酸ナトリウムを

プラスチックスパチュラで混和したペーストを填入する

6.二重仮封をして帰宅して頂く

7.1週間ほど経過したら再来院して頂き、チェックして、必要であれば再度

薬を交換する

8.10日以上経過した後、再充填

 

※ 有髄歯と無髄歯が混在する場合には・・・

「オフィスホワイトニング法+ウォーキングブリーチ」を行います。

 

有髄歯(神経が生きている歯)のホワイトニング クリーニングとホワイトニングの違い 審美歯科 症例写真
無髄歯(神経がない歯)のホワイトニング ホワイトニングについてよくある質問 ホワイトニング後、控えたい食品