歯医者さんで やむを得ず歯を抜かなければならなくなって

抜いた歯。。。。

その歯が、その後、どうなっているか ご存知でしょうか?^^

 

基本的には、患者様の希望でお返ししています。

患者様が不要であれば、こちらで処分しています。

 


バラバラになってしまった歯は、さすがに捨ててしまいますが、

少しくらいの虫歯、もしくは きれいな歯なら

ホルマリンが入った容器に保存したりします。

 

使用用途は・・・・

 

歯を削る練習や、根の治療のための練習等、

主に勉強会や、講習会等で持参することが多いです。

また、歯学部生が身内や知人にいたりすると、

患者様に接する前の練習として、歯を削る実習がありますので

そちらに譲ることもあります。

貴重な資料(?)として重宝させていただいています!^^

 

 

  

 

 

そして・・・

夏休みや春には、歯学部の学生さんが 抜去歯をもらいに 歯科医院を行脚します。

 

これが、なかなか大変なんです!!

 

きれいな歯を大学は要求しますが、

歯槽膿漏で無い限り、

あるいは矯正のために抜いた歯以外には きれいな歯はありませんから、苦労します。

 

最近は、プラスチックで 精巧に模型が出来るので

学生実習には それを使うようになっているようです。

いろいろな理由で、すべての歯は保管しています。

 

どなたのものかは、区別されてはいませんよ!^^