『タバコをやめれば笑顔が戻る』

タバコをやめよう!という動きが日本でも盛んになり、病院でも治療ができるなどの時代になりました。
しかし、まだまだ日本では路上で喫煙する姿も見かけます。
路上喫煙により、煙草を吸いたくないと思っている方々や、未来を背負う子どもたち、
病気をお持ちの方々、せっかく禁煙した方々までが受動喫煙させられているという現実があります。

今月11月24日、京都府京都市左京区宝ヶ池 国立京都国際会館メインホールRoom-Aにて、
市民公開シンポジウムが開催されます。
こちらは入場無料となっております。

煙草について、今一度、ご一緒に考えてみませんか?

 

当院の、喫煙が関係するページもどうぞお読みください。
■ 喫煙と糖尿病と歯周病の関係

■ 
煙草と歯周病・口腔がん