5月12~13日、東京で開催されたUSC
(=University of Southern California)
<Ostrow School of Dentistry of USC>
南カリフォルニア大学歯学部ジャパンプログラムへ
大使の役で行ってきました。  ※紹介

 

写真左から・・・中村社綱先生。マーチャック先生。当院院長:川口和子です。

 

 

そして、5月20日。

顎の骨を削らなくても、人体にとって安全に
人工骨を作ることができる・・・という材料を
シンガポールへ買いに行きました。

 

 

 

 

人工骨のお話は、また今度。。。

 

 

 

  

 

 

月は変わって・・・・先日6月2~3日。
ITI(The International Team for Implantology)シンポジウムへ・・・・

インプラント歯学の各分野において明確なビジョンを持った12名の専門家によって1980年に設立されました。設立の目的は、当時において重要と考えられていた未開発の医療分野で、自主的かつ理想的に研究と発展を追及できる専門家同士のネットワークを築くことでした。現在、その会員数は10,000人を超えています。世界中に増え続けるITI セクションを通じて、ITIは先進的で品質が高く、そして効率的なネットワークからもたらされる専門知識とノウハウ交換の場を提供しています。 ITI は過去30年間に亘り、高水準な科学的知識の集積と共に、患者様を第一に考えるという姿勢を貫いてきました。そして、その姿勢は広い範囲に及ぶ臨床検査と長期経過に対する考察の結果として実証されているトリートメント・ガイドラインの根幹の部分をなしています。750人以上のフェローが、組織の中核としてそれぞれ時間とエネルギー、技術を惜しまず提供し、強い責任感と理念に基づいた行動を通じて組織に貢献しています。 ITI の創始者は、ベルンのAndré Schroeder教授とワルデンブルグのh.c. Fritz Straumann博士です。Schroeder教授によると、「医療研究には独立性、空間、討論する機会が必要」ですが、これらの3つの構成要素は、ITI の礎石であり、インプラント歯学の急速な発展と成功に大きく貢献しました。 メンバーは現在も増え続け、出版物と教育プログラムの数は年々上昇し、将来に向けて組織も再編成されました。しかし、ITI の2つの基本理念は現在も変わることはありません。それは、科学的独立性と非営利思考です。ITI の根幹には科学と理想、そして患者様への配慮があります。フェローとメンバーがITI の使命を達成するべく献身的に活動しているため、その根幹は変わることなく成立しています。

<ITI HPより>

 

このように、当院の院長はもちろん、歯科医師・スタッフも、数々の学会、スタディーグループ、海外研修に 出席、発表をし、最新医療の勉学は怠らず、常に進んで医療に反映することを 主旨としています。