インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

 

口腔癌は、すべての癌の1~2%と言われています。その口腔癌で最も多いのが舌癌

舌癌は、口腔癌の60%を占めます。

その次に多いのが、歯肉癌。3番目に多いのが口底癌。4番目が頬粘膜癌です。

 

口腔癌の5年生存率を見ますと下記のようになっています

■上咽頭癌・中咽頭癌・・・・・・・・・・60%
■舌癌・・・・・・・・・・50%以下
■下咽頭癌・・・・・・・・・・40% ※リンパ節転移がなければ80%・転移があれば20~30%
■歯肉癌・・・・・・・・・・上顎:33.3% 下顎:25.7%

 

 

悪性腫瘍の病期分類に用いられる指標の1つに、『TNM分類』というものがあります。

『T』は、原発巣の大きさと進み具合を表し、T1.T2.T3.T4と4段階に分けられます。
『N』は、所属リンパ節の有無・大きさ・転移の範囲を表します。
転移がない場合はN0とし、N3まであります。
『M』は、肺などに転移する遠隔転移の有無を表します。
遠隔転移がない場合は、M0とし、あればM1とします。

上記のことを指標とし、0期・Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・ⅣA期・ⅣB期・ⅣC期というように
分けられます。表記例:T1N0M0

 

初期の舌癌と口内炎の違いの1つに、口内炎は痛みを感じますが、初期の舌癌は痛みを
感じないということがあげられます。

 

舌部分切除術

 

舌は大きく2つに分けることができます。
舌の付け根部分である『舌根部』。そして『可動部』です。
その境を『有郭乳頭』といい、丸くポツポツしたものがそれです。(※写真参考)

舌癌の手術の場合、癌患部より10mm~15mm外側を安全域と設定し、そこまでを切除します。

 

舌部分切除術後の処置として、下記のものがあります。

☆縫縮 ・・・・・・・・・・縫い縮め

☆タイオーバー ・・・・・・・・・・人工皮膚のようなものを縫い付ける。
■手術直後~3日は、経口摂取禁止
■4日後~7日前後は、飲水やヨーグルト等の軟食開始
■タイオーバー除去後~退院は、トロミ食や三分粥等、状況に応じた食事になります。

☆ネオベール・ボルヒール 
切除後、ボルヒールA液を組織に擦り込み、ネオベールという
シートのようなものを貼付し、ボルヒールA液とB液を混ぜた液を スプレーして、時間を置き、完成。
■手術直後~2日は、経口摂取禁止
■状況に応じて、ソフト食や五分粥から開始

 

                      

舌可動部半側切除

舌可動部亜全摘出術

舌可動部全摘出

舌半側切除

舌亜全摘出術

舌全摘出

全摘出になってしまった場合、胸などの筋肉等を移植します。

治療方法は、手術の他に、放射線治療、化学療法、そして現代では新しい治療法として
免疫療法というものも考えられています。