インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

糖尿病になると歯周病になりやすいことがわかっています。
血糖値が高い状態が続くと、タンパク質に糖が結合したものが血液中に増え、歯肉もその影響を受けて炎症が悪化しやすくなりますので、血糖値の良好なコントロールが大切です。又、遺伝的になりやすいアメリカのピマインディアンについての調査研究は逆に歯周病の状態が糖尿病を悪化させる1つの証拠として注目されています。抗生物質により歯周病を治療すると、血糖コントロールの状態を示すヘモグロビン・エー・ワン・シーの値が改善したのです。

健康診断などで血糖値が高いと言われたら、
食生活や運動不足に注意すると共に、歯科医院で歯周病チェックを受けましょう。
歯周病予防が糖尿病リスクを軽減します。

 

参考:『喫煙と糖尿病と歯周病の関係』