インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

むし歯は、口の中にいる細菌(ストレプトコッカス・ミュータンス)が糖から酸を産生して、その酸によって歯質が溶かされる病気です。

 

歯の表面のエナメル質の部分が白くなる程度のむし歯なら、フッ素塗布や歯みがきなどで回復することもありますが、象牙質まで進み、見た目が黒くなったむし歯は自然治癒することはありません。

 

むし歯が神経まで進むと神経の治療をするので、治るまで時間がかかり、神経をとった後は、もろくなります。

 

歯がズキズキ痛む場合は、むし歯が神経まで進行している場合が多いので、できるだけ早いうちの治療をおすすめします。

 

 

 

むし歯の痛みと症状

 

  • 甘いものを食べるとしみる・・・初期齲蝕
  • 冷たいものを食べるとしみる・・・初期齲蝕
  • 冷たいものが痛くて食べることができない・・・単純性歯髄炎
  • 冷たいもの・熱いもの、両方で痛む・・・初期の化膿性歯髄炎
  • 夜間、就寝時に、ズキズキ痛む・・・慢性化膿性歯髄炎の進行型
  • 自発痛があり、ジッとしていても、いつも痛い・・・急性化膿性歯髄炎
  • 歯肉が腫れているが、熱いものも冷たいものも感じない・・・壊疸性歯髄炎

 

 

むし歯になりやすい場所について

 

  • 上の前歯の外側
  • 上の1番奥の歯の後ろ側
  • 下の歯の外側
  • 噛み合せる面の溝
  • 歯と歯の間
  • 歯と歯茎の間

 

 

 

 

 

 治療した歯の平均使用年数(厚生労働省データ)

 

レジン充填(プラスチックの詰め物)・・・5.2年

インレー(金属の詰め物)・・・5.4年

クラウン(金属の被せ)・・・7.1年

 

 

毎食後、歯を磨いているのに
新しいむし歯が次々にできてしまうのは何故?

 

  • 唾液の分泌量が少なく、歯の自浄作用が十分に機能していない
  • 無意識に口がポカンと開いているなど、口呼吸していて、口の中が乾燥している
  • 知らず知らず間食している。もしくは、砂糖を原料とした飴(のど飴も含む)やガムを常用している
  • 加糖された缶コーヒーやジュースを頻繁に飲んでいる
  • ダイエットなどで栄養バランスが崩れている
  • 普段からストレスが強く、免疫力が低い
  • 歯の質がもろく、耐酸性が低い
  • ファーストフードやカレー・ラーメンなど、
    あまり噛まなくても食べることができるメニューを選ぶことが多い
  • 歯並びが悪く、磨き残しが多い

 

 

◆歯みがきのページ ●歯周病ってどんな病気? ▲「よく噛む」ということ
◆お口のケア【歯ブラシの比較】 ●歯周ポケットとは? ▲根管治療について
◆歯ブラシの硬さの決め方 ●全身の健康と歯周病の関係 ▲フッ素について/不安・疑問Q&A
◆あなたは右きき?左きき? ●歯周病と怖い心臓病の関係 ■むし歯のページ
◆治療しても、また同じ歯が虫歯になる ●歯周病が招く肺炎【誤嚥性肺炎】 ■むし歯のはじまり
◆歯みがき粉のお話 ●ヒトの進化と嚥下 ■むし歯予防
◆いろいろな歯みがき ●喫煙と糖尿病と歯周病の関係 ■虫歯と唾液の関係
▼ワンデイオールセラミック治療とは? ●煙草と歯周病・口腔がん ■歯を溶かす食品・歯を強くする食品【酸蝕症】
▼ワンデイオールセラミック治療/完了まで ●歯肉が痩せる理由と予防策 ■1番ひどい虫歯は、どんな虫歯?