インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

 

 

ワンデイオールセラミック治療とは、

高精度3Dコンピュータを使用し、歯科医院にて設計や加工を施し、

最短、約1時間(その日、即日)で治療が完了するというものです。

 

 

患者さまが、当院へ来院され、診断・治療説明が行われ、

そして、その後、どのように治療がされていくのか、ご説明いたします。

 

 

1.患部の治療などを済ませ、お口の中を整えます。

 

 

2.CAD/CAM で口腔内イメージを的確に読み取るための準備をします。

 

口腔内(患部)を3D光学カメラで撮影するため

『セレックパウダー』 『コントラストスプレー』を使用し、

患部(形成歯)と、その隣接歯を酸化チタンで均一に被覆します。

 

 

3.3D光学カメラを用いて患部を撮影し、CAD/CAM にデータを送ります。

 

又は、歯列によっては、型取りをして、その出来上がった型を写真に撮って

CAD/CAM にデータを送ります。

 

 

 4.コンピュータ上で、修復物の設計をします。

 

上・下・真横・斜め上方・斜め下方、舌側・頬側・歯頚側など、

あらゆる角度からウィンドウに表示し、

咬合面・豊隆・辺縁・咬頭・歯冠の形の微調整だけでなく、

隣接面や咬合面の強度の設定などを施し、患者さまにとって理想の形を作ります。

 

 

5.患者さまに最も適した色を

  決めます。

 

 

 

6.コンピュータ上で設計したデータを

  ミリングマシンに送ります。

  ミリングマシンが、データをもとに

  修復物を加工していきます。

 

 

7.出来上がったものに

  特別な接着方法を用いて

  これを口腔内にセットして

  治療が終了します。

 

 

◆歯みがきのページ ●歯周病ってどんな病気? ▲「よく噛む」ということ
◆お口のケア【歯ブラシの比較】 ●歯周ポケットとは? ▲根管治療について
◆歯ブラシの硬さの決め方 ●全身の健康と歯周病の関係 ▲フッ素について/不安・疑問Q&A
◆あなたは右きき?左きき? ●歯周病と怖い心臓病の関係 ■むし歯のページ
◆治療しても、また同じ歯が虫歯になる ●歯周病が招く肺炎【誤嚥性肺炎】 ■むし歯のはじまり
◆歯みがき粉のお話 ●ヒトの進化と嚥下 ■むし歯予防
◆いろいろな歯みがき ●喫煙と糖尿病と歯周病の関係 ■虫歯と唾液の関係
▼ワンデイオールセラミック治療とは? ●煙草と歯周病・口腔がん ■歯を溶かす食品・歯を強くする食品【酸蝕症】
▼ワンデイオールセラミック治療/完了まで ●歯肉が痩せる理由と予防策 ■1番ひどい虫歯は、どんな虫歯?