インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

Q: 左下の歯茎が腫れています。ぷっくりとコブのようなものがあり、痛みもあります。味覚の一部がない気もします。大学病院でレントゲンとCT(コンピューター断層撮影)を撮り、その結果待ちですが、心配で相談させていただきました。現在、血圧の治療で降圧薬を服用しています。どのような治療が必要でしょうか?

 

 

血膿を出して洗浄し、化膿止めの薬を服用すれば症状は軽くなります。   
一部の歯ですか? 数本ですか?
歯周病と歯根の感染のどちらか、または両者が考えられます。  歯周病だと腫れは歯茎に見られます。歯頸(けい)部(歯冠と歯根の境目)から歯根周囲に丁寧にキュレットという処置をすると、血や膿(うみ)が出て痛みなどの症状が軽くなります。  レントゲンでは、歯根に沿って透過像と呼ばれる黒い部分が見られます。血膿(ちうみ)を出して洗浄し、歯の根の歯石や感染を除去して消毒薬や抗生物質を塗布,さらに化膿(かのう)止めの薬を服用すれば症状は軽くなります。  歯の神経の感染では、歯茎より歯根に近い部分の歯肉が半円球状に腫れます。切開して血膿を外に出すと楽になります。根本的には歯根の治療が必要となります。  歯の神経が感染し、歯根の先端を囲んでいる骨に炎症が波及して骨を溶かし、やがて歯肉に達してぷくっと腫れたものです。この場合の治療法は、歯根の先の方を切開開放して直接治療により消毒し、さらに歯冠部からも神経のあった部分を治療します。  降圧薬の服用については、治療開始前には必ず血圧を測定し、その日に降圧薬を服用したかどうかの確認を行います。歯科治療は午前中が望ましいでしょう。できれば、歯科医から内科医に対診(歯科治療に際して患者の病状などの診療情報を内科医に問い合わせること)をお願いしてもらうとよいでしょう。

(米国歯内療法医学会正会員、日本歯内療法学会指導医。日本インプラント学会指導医、国際インプラント学会指導医)

院長:川口和子