一般的な病気に比べて、発見が遅れやすい癌。
なぜ、発見が遅れるのでしょうか。

例えば 指を切ってしまった時。 普段であれば、存在を意識せずに生活していますが、 痛みを感じると、その指に大きな存在感を感じたり、 有りがた味を感じたりしますね。 内臓に関しても同じでしょう。
普段であれば、食事をした際に 食べ物がどこを通過したとか 胃や腸がどこにあるとか、考えたり 存在を感じないと思います。 しかし、胃潰瘍などの病気になると、どこに胃があるのか ハッキリとした存在を 感じることと思います。

しかしながら、癌が 体のどこかに できた時は 必ずしも そうではなく、 それほどの痛みもないことが 少なくないので、 毎日の歯みがきなどで 自分の目で確認できるはずの 口の中の癌でさえも自覚や発見が遅くなってしまうこともあります。 舌半分ぐらいの切除で済む手術であれば、 腕の皮膚などを移植して 見た目も機能も  ほとんど手術前と同じくらいの状態までに 回復させることができます。
しかし、舌の外から見える部分ほとんどを切除しなくてはならないような 手術になってしまうと、例え 皮膚などを移植して再建したとしても 嚥下や発音の障害が残ってしまうので、本人に告知してからの手術ということに なってしまうのです。

そのようなことにならないためにも、やはり早期発見が大事になってきます。
口腔癌の早期発見のためにも、いつも申し上げていますように、まず 歯科医院での定期健診が大切です。
口腔癌は、患者様に口を開けてもらえば  すぐに直視できる口の中の粘膜に 発生するため、他の癌に比べて 容易に発見できるのです。

もし、入れ歯など 口内炎の原因となっているだろうと思われる刺激を除去しても 舌や歯肉などの潰瘍(口内炎)が1~2週間経っても直らなかったら・・・・ もし、口内炎の周囲が硬くなっていたら・・・ できるだけ早く歯科医院へ行き、高度医療機関を紹介してもらってください。

初期の癌
手術は、局所麻酔で30分ほどで終了。 この段階であれば、転移の可能性もなく、機能障害も ほとんどありません。

中期~の癌
切除部分は、癌病巣の周囲2cmを含めて切除することになるので もし直径4cmほどの癌病巣であっても、 野球ボールと同じぐらいの組織が失われることになります。 首のリンパ節への転移の可能性も多く、 首の皮膚を開いてリンパ節の切除も必要になってきます。 悪性腫瘍を取り除くと同時に、失われた舌や顎を補うため、 腕の皮膚や筋肉、腰の骨などを血管につけて移植する再建手術をするため 非常に繊細で10時間以上の大手術になります。