インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

皆さんには、親知らずは生えましたか?
もちろん、親知らずは、元々ない(存在しない)人もいらっしゃいますし、 表面に出てこない人もいらっしゃいます。 出てきても、抜く必要性のない方もいらっしゃいます。

 

  • 噛み合わせの時に反対側の歯がない場合
  • 歯磨きが困難だったり、親知らずのせいでトラブルが起きる可能性が高い場合
  • むし歯が酷くて、治療が難しい場合
    (親知らずは通常の生え方ではなく、歯髄の構造が複雑な場合が多い) 

 

 

このような場合には、抜歯することになります。

逆に、必ずしも抜歯しない時は、こんな時。

 

  • 何かしらトラブルが起きても正常に噛み合っている場合
  • 通常の歯のように、治療もメンテナンスもできる場合
  • 将来的に、ブリッジの支台歯として必要になりそうな場合

 

このような場合には、なにかトラブルがあったとしても 残していくための治療を行っていきます。

親知らずが横向きである場合、「分割抜歯」という方法で抜きます。
 

 

  1. まず歯肉を切ります。 麻酔をちゃんとするので痛くないです。
  2. 次に、骨を削ります。 骨を削ると言っても麻酔をしているので痛くないです。
  3. その後、歯冠の一部を出して、歯冠を切って、
  4. 歯冠部、歯根・・・と順番に取り出していきます。 

 

 

自分が主役であるはずの治療法が分からないと、大きな恐怖を感じませんか?
医者が患者に説明をするのは、普通のことです。
ちゃんとご自分で理解して、納得してから治療に臨まれると気持ちも楽になるかと思われます。

現代は医学も技術も進歩しています。

変に、無駄に、怖がらず、歯科医に自分をちゃんと知ってもらって・・・それには伝えなければならないこと
(例えば、持病・体調・体質・恐怖など)を ちゃんと伝えて、治療に臨んでくださいね。