左手だけのピアニスト。これは、2005年・2009年に テレビでも報道されました。 国際的な男性ピアニストの 舘野泉さん のお話です。1936年生まれですので、現在73歳くらいでしょうか。この方は、フィンランドの国費で生活をされています。世界中で演奏会をしていて、たまに日本を訪れて、私は、2007年の演奏会の時に左手だけでピアノを弾いている この方に出会いました。

 

今年、この麻痺していた右手が鍵盤上で動くようになりました。 2001年に演奏会で倒れ、脳出血で右半身不随になり、お医者さんには、ピアニストとして活躍するのは もう難しいでしょうと言われました。  

「やれば、できる。」 

この 「やれば・・・・」 というヒント。 

長男の方が、フィンランドにいるお父さんの所へお見舞いに行ったんです。(※ 長男の方は日本人です。) 「どうよ・・・」という感じで、フィンランドまでお見舞いへ行ったのですが、生活の方は何とか安定してきたけども、ピアノが左手でしかできないので 苛立っているのが分かったそうです。

長男の方は 3日ほど フィンランドに滞在したのですが、帰った後に、このお父さんのピアノの上に、左手だけで弾く楽譜が置いてあったそうです。 だけど、最初は「ピアノは両手で弾くものだ!」と、馬鹿にしたそうです。1週間ほど 触らなかったそうです。でもね・・・自分の子どもが置いていった・・・・その想いを感じて、自分で恐る恐る楽譜を開いて、ピアノを弾いてみたのだそうです。そしたら、左手だけでもピアノが楽しめる・・・ということが分かったといいます。
それから、ピアノを一生懸命 弾くようになった。
それが、脳に刺激を送ってくれた・・・ということでしょうね。

 

私の家内の母親も 3年ほど前に 脳梗塞で倒れ、半身不随になりました。

ただ・・・母にはピアノがありました。ですから、ピアノを通してリハビリをしました。少しばかり、痴呆症が出ましたが、これは仕方がないことだと思いました。麻痺がなくなり、「自分で動けない」ということからは脱しました。
やれば、やっただけのことはある。 
・・・・・今日は、そんなお話でした。

 

 

 

次回は、『右脳を4分の3失った青年』というお話です。