インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

 

川口歯科・KLTメモリアル歯科
(川口歯科分院)の院内ラボでの
『入歯』ができるまでをご説明いたします。

入歯は、患者さまにとって、大切な体の一部ですので、1日も早く素敵な笑顔がお戻りになりますよう願いつつ、患者さまお一人お一人に、長期に渡ってご満足いただけますよう日々頑張っております。

*************************************************

 

  

1 スナップ印象

個人トレー(患者さまに合ったトレー)に印象材を着けて、患者さまの口内に入れ、型を取ります。
この取った型のことを『印象』といいます。 

 

 

歯科用石膏を患者さまの型に流し入れ、固め、模型を作ります。
石膏が固まったら、余分な部分を削り、形を整えます。 

 

  

正確な作業を進めていくため、『ベースプレート(基礎床)』を作ります。
専用のカップとヘラを使い、粉と液体を混ぜ合わせ、よく練り、餅状化したら薄く伸ばし、
模型に圧接していきます。

 

 

 

 

2 噛み合わせ 

噛み合わせを採る(印記する)ための蝋(ワックス)を作り、冷やして固まった後、先ほどのベースプレートに取り付けます。このワックスに後ほど、人工歯を取り付けます。人工歯を取り付け並べていく、この部分を『蝋堤』といいます。写真のように、蝋堤の表面上部(噛み合わせ部分)は、平らで、且、高さやアーチの曲がり具合等は、患者さまの顎に合わせ、作っていきます。患者さまに装着して頂きながら、大きさ等を調整していきます。(=咬合採得)この時に、歯科医に患者さまの噛み合わせも取ってもらいます。ここで、患者さまの細かい義歯の情報も得ることができます。

 

 

 

 

3 噛合器に装着

患者さまの噛み合わせを正確に再現できる噛合器(顎に見立てたもの)に装着します。 

 

4 排列

模型が咬合器に取り付けられ、患者さまの噛み合わせが再現されたところで、中切歯(前歯2本)・側切歯・犬歯・臼歯(奥歯)の順番に、人工歯を並べていきます。咬合調整を行い、患者さまのお口に入れ試適できるように、細かい調整を行い準備を進めます。

 

 

 

5 試適

 ここまで出来上がったものを、歯科医が患者さまに合わせ、噛み合わせを見て、高さ等を調整します。
調整の際、当院では歯科技工士が出向くこともあります。

 

 

 

  

      

6 重合(レジン)

 ベースプレートとワックスの部分を合成樹脂(レジン)に置き換える『重合』を行います。

模型に石膏を流し込み、固定します。 

型枠の中に合成樹脂が行き渡るように圧力を加えます。

十分に圧力を加えたら、ボルトで固定し、湯の中に入れ、熱を加え、重合させます。 

重合後、よく冷やして、型から取り出し、周りの石膏を慎重に取り除きます。

 

 

 

7 研磨

仕上げ作業です。プレスした際に、はみ出た余分な部分を削り取り、目が粗くなっている箇所を磨き、形態を整えながら傷などが残らないように、ピカピカに仕上げていきます。

 

 

 

 

8 完成

 

 

 

※ 作成後の修正、支えていた歯も抜けてしまった・・・等、
  その後の入歯の修理も行うことができます。