インプラント治療は安心・信頼の当院へ。院長:歯学博士/静岡県インプラント研究会元会長/ICOI指導医・入会審査員/鶴見大学臨床研修施設長

K.L.T KAWAGUCHI Memorial Dental Clinic

ご予約は、お電話 055-963-5841 お口の中のご相談は当院へ

部分入れ歯とインプラントの比較

部分入れ歯と インプラントの違いを見てみましょう。
 

部分入れ歯では、金属のバネを 健康な歯にかけます。その際に、ブリッジのように削ることはしないものの、やはり負担がかかってきます。

常に違和感があり、金属のバネも見えるので見栄えが悪く、笑う時など気になってしまうと思われます。 

又、金属のバネの間に食べたものが詰まりやすく、丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因になってしまいます。 

 

 下記は、上記の「部分入れ歯」治療を そのまま インプラント治療にした場合です。

 

 

 

「部分入れ歯」治療の時には、健康な歯に頼る形でしたが、インプラント治療の場合には、単独で処置するので、元々ある健康な歯にも影響を与えることなく、そのまま保つことができます。 

違和感や見た目が とても気になり、せっかく治療しても ついつい外したくなってしまい、結果、合わなくなってしまうことがある金属バネでしたが、インプラントでは、外観も機能も 天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感もありません。 

又、金属バネ部分に食べ物が詰まりやすく、お手入れも大変な部分入れ歯ですが、インプラントにした場合は、特別なケアは必要ありません。

尚、インプラントは 時間の経過と共に、顎の骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わりません。 

  

思いっきり 噛んで 笑える。 

思いっきり 笑顔で話ができる。 

それが、インプラントです。